他の法話へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 1516 | 17 | 18 | 19 | 20
| 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 2728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
6162|63|64656667
「うらむ」という字は十数種類ありますが、代表的なのは「恨」と「怨」です。どちらも「残念に思う」という点では同じですが、「恨」は「憎い奴と思う恨み」、「怨」は「かたきを取ろうと思う深い怨み」となります。つまり、大雑把にいうと浅いうらみが「恨」、深いうらみが「怨」ということになります。

よく「うらみを晴らす」と言いますが、これは「かたきを討つ」ということ、つまり復讐のことであり、戦争はほとんど復讐の繰り返しです。

釈尊は、怨みについて『法句経・五』で

まこと怨みごころは
いかなるすべを持つとも
怨みを懐(いだ)くその日まで
人の世にはやみがたし
怨みなさによりてのみ
怨みはついに消ゆるべし
こは易(かわ)らざる真理なり

と説いています。

インド独立の父・ガンジーの《非暴力・不服従》主義は、「怨みなさによりてのみ」という「易らざる真理」と礎としています。ただ現実には、相手に馬鹿にされたり、恥をかかされたり、ひどい仕打ちに遭ったりすると悔しさを我慢できなくなり、いつの日か仕返しをしてやろうと思うものです。怨みをはらさずに済む方法は「忍耐」しかありません。忍耐無くして怨み心を鎮めることはできません。
*私は学生のころ、怒れると「これだから下界のやつはーーーー」と言って同じ土俵に上がらないようにしてましたが、それでも内心は憤慨していましたからーーーー。
『中阿含経』に
もし、争いを持って争いを止めんと欲すれば、ついに止むことを得ず。忍よく争いを止む。この法、まことに尊貴なり。
とあります。

『四十二章経』の中にも
忍には怨みなし。
とあります。
怨みからは何も生まれてきません。きっぱりと怨みから離れ、新しい世界へ踏み出していきたいものです。

他の法話へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 1516 | 17 | 18 | 19 | 20
| 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 2728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
6162|63|64656667